ホーム > スポンサー広告 > 金魚の病気治療法ホーム > ■金魚雑記 > 金魚の病気治療法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金魚の病気治療法

私が経験し、完治させた病気についての治療法です。
あくまでも私のやり方であり、これが必ず正しいとは限りません。
参考程度にご覧ください。
なお経験した事のある病気は「白点・赤斑・松かさ・外傷」です。


■ 白点病
kokorahenhakuten.jpg
金魚が一番よくかかる病気( ´_ゝ`)
白い小粒の点がヒレや身体の表面につく。

・私の治し方。
(1)白点がついた金魚を発見したら、すぐその水槽を全水換え
(2)0.5%濃度の塩、ゴールドアクアセイフメチレンブルーを投下。
(3)3日に1回、1/2程度水換えをしつつ2週間様子を見る。
 ※感染力が高いので、他の白点がついてない金魚も一緒に治療します。
 ※温度は特に上げたりはしてません。


■ 赤斑病
sekihanbyounoranchan.jpg
ウロコなどが赤くなる病気。

・私の治し方。
(1)水槽の水を全水換え。
(2)0.5%濃度の塩、ゴールドアクアセイフを投下。
(3)3日経ってもマシにならない場合はエルバージュエースを入れる。
(4)3日に1回、1/2程度水換えをしつつ2週間様子を見る。
 ※赤斑が出た金魚だけを隔離して治療します。
 ※温度は特に上げたりはしてません。


■ 松かさ病
matukasanokeika0829.jpg
ウロコが立って松ぼっくりみたいになる病気。
長期治療を覚悟して下さい。

・私の治し方
(1)松かさの金魚を隔離(45cm以上の大きさの水槽へ)
(2)0.5%濃度の塩、ゴールドアクアセイフを投下。
(3)ろ過機はスポンジフィルターを使う。
(4)ヒーターを入れる(26度程度固定)
(5)薬餌(観パラD等をエサにしみこませる)を行う。
(6)水換え(多い方がいい。できれば毎日)をしつつ様子を見る。
(7)ストレスを与えないように静かな場所に置く

(追記 2014/2/7)
とにかくしつこく治りにくい病気です。
ですが「ウロコが立ってる金魚を飼育しているだけ」という心構えで、
ゆっくり焦らず治療を頑張ってください。
水さえ綺麗にしていれば悪化することは少ないです。




■ 外

2014010602.jpg
ヒレが切れた、身体が擦れて充血した等の場合です。
(上写真は、他の金魚にイジメられたものです)

・私の治し方
(1)傷ついた金魚を隔離。
(2)0.5%濃度の塩、ゴールドアクアセイフメチレンブルー薄めで投下。
(3)3日に1回、1/2程度水換えをしつつ様子を見る。




※病気相談メールについて※

金魚の病気の相談をお受けしています。
こちらただの素人ですが、
金魚の病気で誰にも相談できない辛さを知っているので、
少しでも、ブログを見て下さってる方に協力できればと思っています。
聞きたいことがございましたらお気軽にメールください。

メールには
・症状(いつからか・どんな症状か)
・病気の金魚のプロフィール(品種・大きさ)
・飼ってる環境(水槽の大きさ・ヒーターの有無など)
・エサの種類
等を入れてくれるととても答えやすいです。

メールフォームもしくは直メ(mikan5752@yahoo.co.jp)へ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
▲応援いつもありがとうございます!スッゴク励みにしています!(*´∀`*)
ご連絡はTwitterやメール(mikan5752@yahoo.co.jp)でお気軽にどうぞ♪
[ 2012/11/29 09:22 ] ■金魚雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。